真矢みきさんの “ハッピーエイジング” という生き方

本日は女優の真矢ミキさんのお誕生日だそうです。本日の産経新聞朝刊に、ご自身の人生を振り返りながら今後の生き方について述べられた記事が出ていました。

真矢さんといえばTBSの「ビビット」に出演されていたのを覚えています。

記事を引用します。

年齢にあらがうような「アンチエイジング」と言う言葉は好きではない。真矢さんは、前向きに年齢を重ねる「ハッピーエイジング」と表現する

ハッピーエイジングという言葉、とても良いなと思いネットで調べてみると、実は10年以上前から真矢さんが仰っていた言葉でした。

真矢さんのお母様は60代が一番楽しく、「もう一度戻りたいくらい」と常に言っており、この言葉の真意を知るために60代を楽しみにしているそうです。

年齢を重ねることは、本当に最高の学び

真矢さんはそう述べます。

もちろん、超有名人であるが故に幾多の大きな悩みや不安を抱えている事でしょう。
そのような環境に身を置かれながらのこの言葉に、私は心を打たれました。

真矢さんは年齢を重ねるにつれ、“量” よりも “質” を求めるようになったそうです。

私は記憶力や体力の低下を自覚しながら、膨大な量の情報を前に狼狽えることが多い今日この頃ですが、質の良いものを見極めなければいけない時が迫ってきているのかもしれません。

年齢とともに身体にも周囲の環境にも様々な変化が起こってきますが、何にせよ “ハッピーにエイジング” を心がけ、そしてエイジングが “学び” であるように頑張りたいと思える記事でした。

ご紹介の記事👇
https://www.sankei.com/article/20220131-7IEC44D2DZNLNOZAUUVZU2IL7U/

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる